DV(家庭内暴力)について

家庭内暴力(DV,ドメスティックバイオレンス)とは、家族である夫や妻に対して振るわれる暴力(虐待)のことで、単に身体的暴行に限らず、性的な暴力やレイプ、暴言やストーキング行為など精神的ストレスをかけることも含まれます。また、婚姻関係にはない恋愛中のカップル間でも、同様の暴力(虐待)が行われることがあります。
 
家庭内暴力は、家族内という閉ざされた人間関係の中で行われるため、外部からは極めてわかりづらく、犯罪として発覚することも極めて少ないのです。
 
まずは弁護士やカウンセラーにご相談することをお勧めします。
 
暴力には以下の種類があります。どうぞ、ご参照ください。
 

家庭内暴力の種類

『暴力』には大きく分けて以下の5つの類型があります。このうち、身体的虐待が行われている場合は、第三者が虐待に気付くことも比較的容易ですが、それ以外の虐待は、第三者が虐待の存在に気付くことは困難であり、さらには、虐待を受けた本人でさえ、虐待を受けていると認識しない(認識できない)場合が多々あります。
 

身体的虐待

殴る・蹴る・突き飛ばす・押さえつける・熱湯や水をかける・部屋に閉じ込める・タバコの火を押し付ける・唾を吐きかけるなどの一方的な暴力行為です。
 

精神的虐待

日常的に罵る、無視する、行動を監視する、子供や身内を殺すなどと脅す、ペットを虐待して見せるなど、相手にストレスとなる行為を繰り返し行うことをいいます。
別れるなら死ぬという狂言自殺も含まれます。
 

性的虐待

相手の気持ちを無視した、性的な侵害行為のことです。性交の強要や避妊をさせない、異常な嫉妬をするなど一方的に行為を行うことです。
 

経済的暴力

生活費を渡さない、買い物の決定権を与えない、仕事をやめさせる、家のお金を持ち出す、お酒やギャンブル、パートナー以外の女性に生活費をつぎ込むなどがあります。
 

社会的隔離

実家や友人から隔離する、電話やメールの発信者や内容を執拗に知りたがる、外出を防止するなど、社会から隔離しようとする行為のことです。
 
現在、離婚をお考えでない場合でも、DVで苦しんでおられる場合は、当事務所にご相談ください。DVにどのように対応すべきかのご相談にのります。もちろん、離婚も選択肢ですが、今すぐ対応できることもあるはずです。是非、勇気を出して、弁護士にご相談ください。

DVについてのコンテンツ一覧

DVとは


なぜDVは起こるのか?


DVチェックリスト

DV防止法について


避難場所(シェルター)とは


DV夫との離婚



ImgTop1.jpg
ImgTop2.jpg

大阪和音法律事務所についてはこちら

ImgTop3.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ